FRESH WATER TOP > FIELD REPORT > JB TOP50第1戦 遠賀川(横山朋毅編)

FIELD REPORT

NEWJB TOP50第1戦 遠賀川(横山朋毅編)

2017年04月17日

大会レポート


4月7~9日に福岡県の遠賀川にて2017年のJBトップ50シリーズ開幕戦が開催されました。

練習期間に見付けた釣りは2.5gジグヘッドリグによる水深2mまでのロック帯及びハンプでのボトムスイミング。
これをメインに10gフットボールジグで高さのある垂直ブレイクを、スピードのあるフォールでリアクションを狙う釣りとシャッドでハンプ上に浮いたバスを拾っていく釣りの3パターンを用意して本戦に臨みました。

初日は前半に幸先良くシャッドとジグヘッドでキロ前後のバスを2本キャッチ!!
両方ともプリスポーンのコンディションの良いバスでしたが、ボトムがガキガキのロック帯からレッドスプール4lbでミスする事なく余裕を持ってのランディングでした。

この2本のバス、合計1974gで初日は8位での通過。

試合2日目は最高に高まったフィッシングプレッシャーに自分のメンタルリズムが狂わされて、自滅……無念のノーフィッシュ帰着になり開幕戦は総合31位のほろ苦いスタートになってしまいました。

今回使用したラインはスピニングでの釣り全般にはレッドスプールの4lbで、ボトムにハードな障害物が多い遠賀川でもブレイクのリスクが無く、かつ操作感も損ねないベストな選択だったと思います。

サブパターンのフットボールジグには同じくレッドスプールの12lbを使用。
リアクションの為のスピードを損ねない為に出来るだけ細いラインを使いたいこの釣りには初期伸度の少なさと粘り強さを兼ね備えたレッドスプール12lbは最適で、練習期間の最大サイズもこれで無事キャッチする事が出来ました。

今シーズンはまだまだ始まったばかり、一回一回の試合にベストを尽くして最後には笑って終えられるように頑張っていきます!!

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ