FRESH WATER TOP > FIELD REPORT > 釣果先取り リレンジパターン

FIELD REPORT

NEW釣果先取り リレンジパターン

2017年02月07日

レポート


皆さんこんにちは!
旧吉野川プロガイドたかさんの旧吉なう!でお馴染み、
フィールドスタッフの赤松です。

気が付けばもう2月、
しかしまだまだ冬の延長線上なフィールドですが、日照時間が伸びてきた事もあり動き始めたバスも増えてきましたね!

これから早春にかけて効果抜群なのがリレンジ130SPのパターン!

こちらのフィールドですが現在水温が7度~9度をいったりきたりな状況ですが、連日リレンジ130SPでバスをキャッチ出来てます。

今、自分がやってるアクションですが、
急深なブレイク上にある岩のえぐれや隙間などにリレンジをジャークして当ててく釣り方です。

水質もクリアな時期なので、水中でのアクションが実際に目で見えるのでイメージしやすいと思います。

バスが身を潜められそうなスポットの近くまでリーリングしてから軽くジャーク、ジャーク、ポーズ…。ジャーク、ジャーク、ポーズ…。
のリズムです。

ポーズの時間ですが1秒~3秒ほどでオッケーです。

手返しよく、どんどんスポットをリレンジ130SPのジャークで撃っていってみてくださいね!

そして間も無くラインナップに加わるリレンジ110SP!
こちらでもしっかりとバスをキャッチしてます!

オリジナルより潜行深度は浅めですが、アクションはトゥイッチやジャークによるキレを重視したセッティングとなっております。

その日の状況により使い分ける事が可能となりますね!

特にこちらのリバーフィールドの場合、タイダルによって水位が変動するので益々リレンジの出番が増えそうです!

リレンジ110SPにもご期待くださいね!

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ