COLUMN

小野俊郎のコブラテール解説講座。

皆様こんにちは。
今回はこの春、新発売されるコブラテール5.8インチの解説をしてみたいと思います。
null

さて、このワームの特徴はズバリウィ―ドレスセッティングが可能なワッキーリグ専用ワームということです。
通常、ワッキーリグにはマスバリを使用することが多いのですが、非常に有効である半面、
根ガカリにはどうしても弱いという側面があります。

もちろん市販品のマスバリにはガード付きのものもありますし、それなりのウィードレス効果も期待できるのですが、
ミディアム~ヘビーカバーを狙うとなると、根ガカリが多発し、釣りそのものが成立しなくなってしまいます。 

特に、現在最もホットなベイトフィネステクニックでは、カバーを狙うことでそのポテンシャルがはじめて発揮されるものなので、ワッキーリグのウィードレス性能向上が必須だったわけです。
そんな中、デザインしたのが、このコブラテールなのです。

では、さっそくこのワームの詳細な特徴とその使い方を説明します。
null
まずは、#1から#1/0サイズのオフセットフックと、0.9~1.8グラムのネイルシンカーを用意してください。

フックのセット方法は、まずコブラテールのハチマチの部分にある小さな穴から刺してください。
null

3ミリから5ミリ程度、フックをコブラテールの頭の方に刺し込んでいき、
穴と同じ側に抜いてこれでアイの部分を固定します。 
null

null
必ず、最初に刺した穴と同じ方向にフックを抜いてください。 
ここはかなり間違いやすいポイントなので、注意してください。

null
このようにセッティングすることで、非常にナチュラルな状態でオフセットフックを装着できるようになり、
キャスト時にもズレがほとんどなくなるのです。

次にフックのポイントをセットします。 
null
普通のワームのように、適当な位置にセットすればOKです。
null

ヘビーカバーを中心に狙うのであれば、ポイントを一度も抜かずにワームのボディーの中に埋め込んでおくのもアリですね。 格段にウィードレス性能が高まります。
null
(対ヘビーカバー用セッティング)

最後はこのようにネイルシンカーを差し込んで、 
null
これで完成!
null

このように非常にスマートに、しかも簡単にオフセットフックを装着できるようになるのです。 
これでワッキーリグでも大胆にカバー撃ちが出来るようになりますね。 
まさにベイトフィネスにはベストマッチのワームと言えるでしょう!

実際の使い方は今までのワッキーリーグと全く同じです。 
フォールさせたり、ボトムをズル引いたり、シェイクしたり、オーソドックスな使い方で、
確実にバスを誘い出してくれます。

また、このワームの名前の由来にもなった、コブラ状のテール。
わずかな水流でも確実に水をつかんでバイブレーションします。 
null

さらに素材には浮力が高いマテリアルを使用。
ボトムでの姿勢も、バスが最も好むスタンドアップスタイルで、
まさに「釣れる」要素が満載のワームとなっています。
null

というわけで、皆さんもこのワームを使ってビッグバスに挑戦してみてください。 
ちなみにコブラテールを使用した実釣シーンは、大漁生活Vol47でもご覧いただけます。 
こちらも合わせて見てもらえば、もっと理解度が深まると思うので、ぜひ参考にしてください。

<< >>