COLUMN

11月のシャローゲーム

皆さんこんにちは、西村嘉高です。
先月、動画配信された【秋の霞水系巻きモノ攻略】はご覧いただけたでしょうか?

【秋の霞水系巻きモノ攻略。ビークロールスイマー&チャブル】

さて暦も11月に突入し、いよいよ“巻きのシーズン”も終盤に・・・。いやいや、まだまだイケるので巻いちゃいましょう。

この時期は昼間と夜間の気温差が大きく、バスの活性を下げてしまいがちですが、シャローに居座った個体はサイズ・コンディションがよく、ちょっとした狙い方を変えるだけでしっかりと反応せせることが出来るのです。

【秋の霞水系巻きモノ攻略】で紹介した狙い場は、シャロー障害物の際やシェードを意識して釣っていたのですが、
11月に入ってからは、バスが回遊するベイトフィッシュを意識しているので今までシャロー障害物に依存していたエビ食いバスがその障害物からやや離れた中層にサスペンドしています。
スピナーベイトやブレイドジグを手元まで追ってきたのにバイトさせることが出来なく、悔しい思いをするのもこの時期の特徴です。

そんなシャロー障害物から離れたサスペンドバスをしっかりバイトに持ち込めることが出来るのが、“ビークロールスイマー”+“フラッパー”なのです。

この時期は、少し沈めてからのスローなただ巻が威力を発揮します。私のベストチョイスは3/8ozと重めのビークロールスイマーでロッドティップを立てて、バズベイトをゆっくり巻くような感じで水中の同じレンジを同じスピードで巻き続けてバイトさせます。

是非、今シーズンラストのシャローを“ビークロールスイマー”+”フラッパー”で攻略してビッグフィッシュをゲットしてください。

<< >>