COLUMN

JB TOP50福島県・桧原湖戦優勝!(西川慧)

皆さんこんにちは。西川慧です。

9月7日~9日に行われた、JBTOP50桧原湖戦で優勝することができました!!!

3年前は4位、昨年は3位と相性の良い桧原湖で、優勝争いは今回で三度目。毎年悔しい思いをしてきたからこそ、今年は三度目の正直でどうしても勝ちたかった。

小さい頃から夢を見ていた舞台で優勝できたことは、一つ夢が叶い本当に嬉しいです。

 優勝に導いてくれたJACKALL LURE

今回、公式プラクティスの前日に台風が来たことで、湖のコンディションは濁り+ターンオーバーと急に秋が深まったコンディションで全体的にタフな試合となった。

魚が浮いていることや、全体に散らばっていることで、使用したルアーは

『ナカタジグ3/8oz』

『シザーコーム3.2″』

カラーは魚に早く見つけてもらいたかった為に、全てブラック系を使用。

エリアに関しては、湖全体を意識。特にここだッ!と言うエリアを決め付けず、その時その時の状況を風や天候を意識してランガンスタイル。

初日はナカタジグのカーブフォールで連発し、5匹のリミットを揃えていない選手も多い中、数は15匹程キャッチ。

特殊なヘッド形状での水押し、着底直後の立ち姿勢はナカタジグでしか出せない技!

二日目はプレッシャーの為か朝一のみしか釣れず、シザーコームのライトキャロライナリグに変更。

実は3年前のTOP50桧原湖戦もシザーコームのライトキャロで4位と、絶大な自身を持っているワーム。特に難しいアクションをするわけではなく、ボトムを感じながらただ巻くだけ。巻くと水流でワームが勝手に艶めかしく動いてくれるので、初心者の方にもかなりオススメ!これも連発して予選は4位通過。

迎えた最終日は、シザーコームで朝一から連発で5匹のリミットは1時間程でキャッチしたが、一位の選手とのウェイト差が1700gとあったため、これをやり続けていても負ける・・・

帰着一時間前にビッグスモールマウスバスが釣れるスーパーシャローエリアでのスピナーベイトで勝負を決めた。

『メディス3/8oz』

そのエリアは練習時から一匹も釣っていないが、湖全体を見てウィードが一番濃い事、岬も絡んでおりディープから上がってきやすい条件が揃っているために、最後の一時間はここに勝負した。

広大なウィードエリアを広く、早く探るためには手返しが重要。メディスはシンプルなヘッド形状で空気抵抗も少なく良く飛ぶし、ブレードの形状がウィードに絡まりにくい。

30分投げた押しノーバイト・・・

正直負けたか・・・

そんな気持ちも頭によぎった瞬間に1kgオーバーのビッグスモールマウスバスがバイトしてきた。残り帰着30分前にビッグスモールマウスバスを無事キャッチし、湖上で叫んだ時にまだイケると!同じエリアを折り返し、残り帰着15分前・・・

1kgオーバーのビッグスモールマウスバスを連続でキャッチ!

さすがに時間も無くなりタイムアップ。

最終日のウエイトはその日のトップウエイトを叩き出すことができた。

一位の選手との差がかなりあったため、勝てるかどうかは最後まで分からなかったが、一位の選手がウエイトを落とし、大逆転勝利しました。

優勝できたのも沢山の皆様からの応援が最後まで諦めずに力となりました!!

本当に応援ありがとうございました!

次戦も優勝目指して頑張りますので、また応援宜しくお願い致します!!

 

<< >>